2011年03月09日

イチゴ

カトマンズでは、季節になるとイチゴが豊富に出回ります。
うちでは子どもたちがイチゴ大好きで、むしゃむしゃ食べるので、週に1,2回は買わないといけません。

ずっと昔、kakaniでJAITIというNGOが日本のイチゴの栽培を指導した結果、10年前には細々とカトマンズでイチゴが食べられるようになり、いまでは大きさも品質も、パッケージも流通もいろいろ改善して、日本で食べるのとそう変わらないくらいのおいしい新鮮なイチゴがいろいろな場所で入手できます。

写真は、Strawberry House(Tel 4412507)のもの。kakani直送のイチゴで、電話1本で自宅まで配達してくれます。それでいて、値段は市場と同じです。

strawberry DSC00080.jpg

st2 DSC00081.jpg

BhatBhatiniスーパーでは袋入り、Salewaysスーパーでは紙皿に盛ってラップしたもの、包装も工夫が凝らされています。

Summmit Hotelでは、日曜水曜のオーガニックマーケットで、アマティヤさんというひとが農家直送のイチゴを持って来て、自分で好きなのを選んで目方いくらで売ってくれます。ひとつひとつ選ぶのが面倒ですが、傷んだのを買わなくてよいので、この方法も好きです。

Fujiベーカリーではキルティプールあたりで箱詰めされたものが売られています。パンを買いにいくついでに買えるので便利です。

イチゴの値段は小売店では3クラスあり、1kgあたりAクラスが250Rs,Bクラスが200Rs, Cクラスが150Rsです。道端で売っているのはDクラスらしいです。
この6,7年、値段が変わっていません。生産量が増えているんだろうと思います。

おいしいのをおいしいうちに食べたいと思って、一番いいのを買いますが、シーズンも終わりに近づくとだんだん小粒になってくるので、安いのをジャムにでもしようかと思います。
posted by ritz at 14:05| Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。今ネパールにいます。しつもんなんですが、イチゴを食べるとき、洗う水は水道の水ですか?ミネラルウォーターで洗えばいいのでしょうか?
Posted by あや at 2011年03月14日 16:22
あやさん、こんにちは。イチゴに限りませんが野菜や果物を生で食べるとき、うちでは熱湯をかけて消毒しています
Posted by ritz at 2011年03月18日 20:52
横から失礼します。

生で食べる苺や野菜に熱湯をかけると、変質しませんか?

それとも、湯ざましで洗う、ということでしょうか?

すみません、気になったもので質問させていただきました。ぜひ参考までにお教えくださいませ。
Posted by NAO at 2011年03月23日 01:30
Naoさん、お返事遅くなりました。
熱湯をかけるんです。そうすると、ちょっと表面がゆだっちゃうんですよ。キャベツなどはもちろんしんなり。トマトも皮を湯剥き。

野菜、果物の表面にはジラルジアになるランブルせん毛虫がいるので、必ずそうします。
Posted by ritz at 2011年04月18日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。